Pages

最近の記事

2012年2月1日水曜日

VIVA!SGHR!(20代,30代_女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 引出物でよく見かけるSGHR(スガハラ)。
シンプルで、使い方を選ばないガラスの食器。好き嫌いはありませんから、年齢問わず受け入れやすいです。
写真のグラスは2客で3360円(本日時点。価格は変わる可能性があるのでご注意ください)。バーニーズニューヨークでの取り扱いです。
バーニーズニューヨークでは、引出物のパッケージングも対応されているので、とても便利。レストランウェディングなどで引出物のサービスがない際などはとても使い勝手が良いので、お勧めですよ。

2012年1月31日火曜日

海外から買い付ける新スタイル?!引出物(30代,40代_女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加
円高は良いことだけではありませんが、海外旅行や輸入にはメリットがありますね。
こんなときだからこそ?!引出物を海外から取り寄せるというのもありなのではと思っています。先日引出物の相談を受けました際に、私がお勧めしたうちのひとつが「Anthropologie
Anthropologieは、NYのSOHOにあるセレクトショップです。オトナカワイイ、セレクトでお店に行くと多くの女子は目がキラキラ・・・一気にお買い物モードになります(笑)。

特に30代、40代で結婚をされる方は、ご友人も同じ年齢層の方が多いわけですが、
この年代の方々は非常に目がこえていらっしゃいます。披露宴にも相当数出席されているわけで。折角贈るのであれば「おっ」と思わせるオトナな引出物を。おしゃれで質が高く、日本では入手出来ない引出物は喜ばれること間違え無しです。

Anthropologieは、通販が可能ですが、ラッピングなどについては一考する必要があります。私が担当する際は、ラッピングをラッピング専門店でお願いすることもありますし、披露宴会場に委託をすることもあります。

通販でオーダーされる前に、ラッピングをどこでどのように行うのかを検討するのがPointです。

2012年1月30日月曜日

ナシ婚支持率上昇中!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年1月27日のダイアモンド・オンラインの記事で「ナシ婚」、いわゆる結婚式を挙げないカップルについての記事をみかけました。

結婚をするカップルのうち、半分しか結婚式をあげていないのでは?とのこと。

記事には、こんなことも書かれていました。
====================================
ナシ婚夫婦の多くには、お決まりのパターンに終始する“ザ・結婚式”への嫌悪感があるようだ。
実際、昨年秋に結婚したばかりの女性(25歳)は、「自分が出席した挙式はどれも同じに見えて、魅力を感じなかった」という。「最近は、多額の資金をかけてまで結婚式を挙げることに、意味を見いだせない夫婦が多い」と、業界関係者も口を揃える。

私のお客様もそのようにおっしゃる方が多くいらっしゃいます。
=====================================================

私は、他のカップルと同じ結婚式となることが問題だとは思っておりませんが、
出席してくださったゲストの方々に新郎新婦の感謝の気持ちが伝わらなかったり、互いにパートナーをきちんと紹介できないということは問題だと思っています。

少なからず「自分が出席した挙式はどれも同じに見えて、魅力を感じなかった」と言う方がいらっしゃるのは、ホテルやレストランで用意されている『一般的な』式次第/プログラムに則り、ただあて込んでいくだけの準備では足りないためではないでしょうか。

結婚は人生でも非常に大事な節目です。
一生寄り添って生きていくことを誓う結婚式。
感謝の気持ちやパートナーを紹介する披露宴。
素晴らしい日です。
ゲストから「魅力を感じない」と思われるような日にしたくない。

新郎新婦はもちろん、ご出席されたゲストの皆さんにとっても心に温かに刻まれるそんな日になるようなサポーターに!と改めて心に誓ったのでした。

2011年9月23日金曜日

ご両親不在の披露宴⑥〜式次第・内容

このエントリーをはてなブックマークに追加

ご両親不在だと、内容に工夫が必要になります。

例えば、よく見られる「両親への花束贈呈」「花嫁の手紙」。
こういったことが出来ないわけで、そのために披露宴をあきらめるカップルは
いらっしゃると思います。
現に私が担当したご両親不在のカップルもこのことを危惧されていました。

ということで、今日は内容についての一例を。
この内容は最後にご両親がご挨拶されたくない!などという場合にも使える内容です。
ご参考まで。

ウェルカムドリンク後にいよいよ披露宴が始まります。
お出迎えを新郎新婦でされる場合は、司会の方のアナウンスにより、
ゲストの皆さんと一緒に席へ移動し、着席をします。

①改めてウェルカムスピーチ(新郎)

②まずは乾杯!
乾杯の音頭は新郎のご友人がベストかと思います。

③歓談
(この間に、司会の方から、新郎新婦の簡単なプロフィール紹介を入れてもらいましょう)

④新郎側ゲストからお祝いの言葉
⑤新婦側ゲストからお祝いの言葉

※新郎、新婦ともお祝いの言葉を頂く方の関係は揃えたほうが良いです。
例えば、お祝いの言葉を頂く新郎側ゲストが、新郎の上司であった場合には、
新婦も同様にに新婦の上司にお祝いの言葉を頂く、といった具合です。
会社の上司をお招きしていない、あるいは新郎新婦のどちらか片方しか上司をご招待していないような場合には、新郎、新婦ともご友人にお願いするのがよいのではないでしょうか。

⑥ビデオ
ビデオは生い立ちビデオが多いかと思いますが、ご両親について触れたくない場合や、生い立ちについて触れたくない場合には、新郎新婦の好きなもの、好きなこと、好きな場所を紹介するビデオなんかいかがでしょうか?

ビデオの制作を制作会社にお願いされる場合は、フォーマットが決まっているために、こういったイレギュラーの対応をして頂けない可能性はありますが、最近は、プロでなくともパソコンで簡単に制作出来るのでご自分達で制作されるのも手かと思います。
どのように制作されたら良いか、お悩みの方はコメントを頂ければと思います。
(すぐにご返信出来ないかもしれませんが・・・すみません)

⑦質問タイム
ビデオ後、司会の方から、ビデオに出てきたことについて簡単な質問を新郎新婦にしてもらいます。(インタビュー形式)
ビデオにでてきた内容の厚みが出ますし、新郎新婦の人柄がより伝わりやすいです。

⑧そして花嫁の手紙
花嫁の手紙は何も、ご両親に向けてのものだけではありません。
人生の節目のメッセージですから、きてくださった皆さんにおおくりしてもよいのではないかと思います。会社の方、ご友人、ご親戚の方、そして、ご両親、お相手方の関係者等にあてて、短いメッセージをうまくまとめられると、ご出席くださった全員の方にご挨拶、お礼を伝えることが出来て良いのではないでしょうか。

ご両親に関してはご不在でももし可能であれば、
生んでくださったこと、育ててくださったこと、そういったことに感謝の気持ちを述べるのはありかと思います。

⑨締めくくり
新郎から、皆さんへお礼の言葉を伝えてください。

⑩お見送り
そして最後、出口のところで皆さんにご挨拶をしましょう。
もし、テーブルのお花をゲストの方にお渡しできる場合には、披露宴会場から自宅が近い方にのみお渡ししてはいかがでしょうか?
プチギフトを配られる方も多いですが、引出物もお渡しするのであれば、
私は特にお勧めしません(節約可です)。


⑪お花・・・
最後におまけですが。もし新郎新婦どちらかのご両親が出席された場合は、会場にあったお花をスタッフの方に一番大きく素敵に包んで頂き、披露宴が終わった後に新郎新婦からお渡しになられると良いと思います。(披露宴会場からご自宅が近い場合に限り)

さて、いかがでしたでしょうか?
お気づきの通り、招待状からはじまり、お出迎え、ご挨拶と新郎新婦がホスト役に徹する内容になっています。新郎新婦が、お互いのパートナーを紹介するため、またこれまでお世話になった方にお陰様の気持ち、これからも宜しくお願いしますのご挨拶をするための披露宴です。なかなか見られない披露宴の内容ですが、このようなカタチも素敵ですよ。
ご参考になれば幸いです。

それから。
ゲストの方の出し物やケーキカットなどは入れていませんが、このあたりはお好みです。

ただし、ゲストの方の出し物は、
内容により、場の雰囲気の統一感が出なくなるので、宴会のような雰囲気になることも考えられ、注意が必要です。

また、ケーキカットも、
ケーキの費用は大体において非常に高いので、節約をされる場合には、省いても良い内容と思います。
 

2011年9月21日水曜日

ご両親不在の披露宴⑤〜お出迎え

このエントリーをはてなブックマークに追加
さて、披露宴に招待されたお客様は受付をします。
そこでよく見かけるのが「ウェルカムドール」 。
新郎新婦の代わりにゲストをお出迎えする2対のぬいぐるみです。

しかし、招待状を新郎新婦のお名前で出された場合には、私は、ウェルカムドールはなしでご本人たちがお出迎えになるのも良いのではないかと思います。

受付でウェルカムドールでお出迎え、
お客様に着席していただき、
改めてドアが開き、新郎新婦登場、
お客様は拍手!
・・・というのが一般的ではありますが、



わざわざお時間とお金をかけて、新郎新婦のお祝いに駆けつけてくださった方々に

真っ先に「今日はありがとうございます」とご挨拶したり、新郎/新婦をご紹介されるのもなかなか良いものです。(新郎新婦入場!の派手な演出が恥ずかしく、避けたいというカップルにもお勧めです)

お客様には受付をしていただき、その後、ウェルカムドリンクの場所へ移動されるわけですが、新郎新婦はその入り口でお客様をお出迎えするという流れです。

ただ、この際に要注意なのが、受付、新郎新婦お出迎え、ウェルカムドリンクの場所。
受付でご祝儀をお渡ししている真横で、ニコニコと新郎新婦が立っているのも奇妙なので、
ある程度距離があり、また導線が不自然でないようなレイアウトを考えなくてはなりません。

例えば、少し広めの会場であれば、会場の外に受付をセッティングし、 会場の中後ろ側にウェルカムドリンクの場所を設置。会場入り口で新郎新婦がお出迎え、というレイアウトなんかはお勧めです。

いずれにしましても、 ここは会場のご担当者の方からアイデアを頂きましょう。(ご担当者の腕の見せ所ですから。)

また、お客様が全員お揃いになられたら、しばしウェルカムドリンクを楽しんで頂く時間
がありますので、その際には、改めて新郎/新婦を互いの上司や友人などに紹介をしたり、
同じテーブルになる方同士を紹介したりして、披露宴の時間をお客様がリラックスして楽しんで過ごして頂けるようにされると良いです。

※ウェルカムドリンクについて
ウェルカムドリンクの費用も大変かかりますが、私は節約どころではないと考えています。
とにかくお客様に関わる部分、つまり、会場のアクセスのしやすさや、食事、飲み物、引出物は節約をせずに存分におもてなしをする。それが披露宴の鉄則です。
節約技は、また別の機会にお話ししますね。

2011年9月20日火曜日

ご両親不在の披露宴④〜招待状

このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さん、こんにちは。大変ご無沙汰しております。
またもや久々の更新となってしまいました。
定期的にご覧頂いている読者の皆様、本当に申し訳ありませんでした。
業務も少しずつ落ち着いて参りましたので(それでもばたばたしておりますが)
またマイペースに更新をしていきたいと思います。
宜しければこれからも時々のぞきにきてください。

さてさて、だいぶ時間が空いてしまいましたが、今回も「ご両親不在の披露宴」の続きです。

順を追ってご説明させて頂いたほうが分かり良いので、 「当たり前」な話も含まれますが、何卒ご容赦を。

まず、招待状です。

●招待者の名前
ご両親不在の披露宴の場合、
やはり招待者はご両親のお名前ではなく、新郎新婦のお名前が良いと思います。
地域によりますが、最近では、新郎新婦のお名前でご招待されるケースも大変多く、いまや珍しくないですよね。

● 封筒/招待状
封筒や招待状は、オリジナルで用意される方も多いですが、時間がない方は、
その会場オリジナルの披露宴用招待状をお使いになると良いです。
 自分たちで用意をする「オリジナルの招待状」は、こだわって選ぶことが出来るなどメリットもありますが、文章の作成、宛名書きなど大変時間がかかることからお勧めしません。
 
最初は結婚準備に時間的な余裕があっても、
あっという間に、仕事と結婚式、披露宴の準備を両立しなくてはならない・・・と目のまわる忙しさになるので、お金で解決(ホテルやレストランに委託)できるところはお任せしてしまいましょう。
結婚式、披露宴の節約は大事ですが、実はここは節約のポイントではないんですね。
(節約のためにオリジナルで作成したのにあまり費用は変わらなかったという方も多いです。(こだわると、だと思いますが))

それから、なかなか手間がかかるので難しいものの、
もし少人数の披露宴であった場合には、
便せんやメッセージカードに簡単なメッセージを添えると良いです。
招待状を送付する事前に、結婚式、披露宴にお越し願いたい旨を皆さんにお伝えするのがマナーですが、それをした上でメッセージが添えられた招待状が届けば、受け取られた方は、尚ご出席されることを楽しみにしてくださることと思います。

そうそう、披露宴と結婚式の場所が違う場合は(外式)、皆さんが迷われないように、
結婚式ご出席のため、何時にどこに集合か、→その後、披露宴ご出席のため、
何時にどこに集合か、と1日の流れが分かるようなものも同封されるとよいですよ。

結婚式や披露宴へのお越し頂くことはとても大変なことなので、
皆さんの負担を少しでも減らす工夫をしていくと◎です。

切手は、ご存知と思いますが、郵便局で慶事用の切手(郵便局HP/慶事用と書かれている切手をご覧ください。)をご用意くださいね。


準備が完了したら、いざ発送!
余裕をもってご用意なさるとよいですよ。

2011年5月8日日曜日

ご両親不在の披露宴③ 〜招待客

このエントリーをはてなブックマークに追加
このブログは、どの回も私が思うことを自由に綴らせて頂いているので、
何を今更、と言われるかもしれませんが(笑)、
今回も主観でお話させて頂きたいと思います。どうかご了承ください。
(結婚式や披露宴の形式は皆さん、悩みますよね。
私のブログ含め、様々な方からのご意見や情報を収集された上で
お二人にベストマッチする内容を選択して頂ければ、と思ってます。)

ちょっと気になる 人

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...